• 富士ゼロックスのトナー回収ボトル

    富士ゼロックスの複合機やプリンターにはDocuCentre、ApeosPortと言ったシリーズがあります。


    DocuCentreの複合機にはコピー機能を初め、ファックス機能、プリンター機能、そしてスキャナー機能と言った4つの機能が1台に収められており、4つの機能をフルに活用したい企業などからの注目を集めています。
    また、富士ゼロックスは古くからコピー機の参入をしている老舗メーカーでもあり、信頼性が高い事からも利用されている企業も多いのではないでしょうか。



    所で、コピーやファックス、プリンターと言うのはそれぞれ専用のトナーを利用して印字を行う事が出来るようになっています。

    今、話題のマイナビニュース情報が探せます。

    カラー対応機などの場合、1色でもトナーが無くなってしまうと印字が出来なくなるためストックしておくことが大切で、大半の場合が2本を購入し、1本は本体に装着し、残りの1本はストックと言う形で運用されている企業も多くあります。

    最近のCT201398サイト利用者からとても評判です。

    富士ゼロックスの製品の多くがトナー回収ボトルと呼ばれているものが複合機内部に取り付けられています。


    この回収ボトルはプリントを行った時の使用済みトナーが溜まるもので、交換せずにそのままにしておくと、警告表示が出た後は約900ページ分のコピーや印刷で複合機は停止してしまうため注意が必要です。

    また、専用の回収ボトルを利用する事になるため、予備の回収ボトルもストックしておけば安心ですし、回収ボトルは富士ゼロックスの販売店などに依頼する事で回収処分して貰う事が出来ます。