• DocuPrintC3350検討時のポイント

    富士ゼロックスDocuPrintC3350は小型のカラープリンターです。


    サイズはA3サイズまで印刷が可能です。
    メーカー標準販売価格は17.8000円です。オプションは1段追加トレイユニット50.000円、3段追加トレイユニット150.000、内蔵ハードディスク80.000円などとなっています。また、導入の際には設置調整料金、搬入料金が別途必要になります。DocuPrintC3350は非常に写りは綺麗です。

    小型な為、耐久性は月間印刷枚数が3.000枚以下ほどのオフィス向きです。
    月使用枚数が5.000枚越などになりますと耐久性的にかなり厳しくなり故障頻度は確実に多くなります。

    DocuPrintC3350のトナーは黒5.000枚用13.800円、カラートナー4.500枚用14.400円ですが実際には半分から7割程度の枚数の印刷しかできないと考えておく必要があります。


    他の消耗品としてドラムカートリッジが4本あり、定期的な交換が必要となります。


    価格は1本12.000円となっています。


    使用頻度によりますが注意すべきはカラー用ドラムカートリッジはマゼンタ、シアン、イエロー3色の交換はほど同時になります。

    Yahoo!知恵袋情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

    保守契約は故障の度に費用が発生する契約(最低訪問作業料20.000円プラス部品代)と年間決まった額を支払う代わりに、故障時の作業料と部品代が無償となる契約があります。

    LPC3T18Mは支持されています。

    (何度故障してどれだけ部品を交換しても無償)使用頻度が激しい場合や、シビアな写りを維持したいなどの懸念があれば保守契約に入っておかれたほうが安心です。