• キャノンのトナーについて

    中小企業が多く狭い日本は、人の割りには働く場所も狭いと言われますが、そんな場所でよく使われるプリンタは、もちろん場所をとらないもので、必要書類はA4サイズモノクロ限定の印刷で十分足りていることが多々あります。

    そこにちょっと条件をプラスすると、モノクロのレーザープリンタであれば、なおうれしいといった所でしょうか。

    マイナビニュースの情報を提供中です。

    そんな企業では、キャノンの小型モノクロレーザープリンタが最適で重宝されています。
    このプリンタには、キャノンのトナーカートリッジ326が最適なのですが、印刷枚数は2100枚と少なめなんです。

    これは、狭い場所に置くことを製造段階で重視したためであり、印刷する枚数もさほど多くない現場用だと言えます。

    しかし、印刷枚数が多い現場があるのも事実ですので、できるだけトナーカートリッジを安く手に入れることが必要になってきます。

    こういう場合に役に立つのが同じ型のリサイクル品です。多くの現場で使用されている製品であれば、対応するものはこれまた多く出回っています。



    流通量の多いトナーの場合、プール方式での発注が容易ですので、在庫を抱える必要がなくなりますから、余分なスペースの確保もいりませんし、単価も下がる場合があります。
    このようにメリットの多いリサイクル品を利用し省スペース化とコスト削減を実現することも可能ですし、逆にキャノン純正トナーを使用して、印刷に質を高めることも可能ですので、トナーは利用用途に合わせて選ぶことが必要ではないでしょうか。

    カシオトナーを検索してみてください。